ヴェレダの化粧品7 − アーモンド フェイシャルクリーム

スポンサードリンク
肌へのいたわりの”熱”を持つと言われているアーモンドの実。その”熱”のヴェールが超敏感と表現される肌への保湿と保護を担い、さらに成分として付加されているミツロウが、水分と脂分のバランスを整えてくれるのが、この”アーモンドフェイシャルクリーム”です。

特徴的なのは乳液に近い感じと評されるその質感で、ヴェレダのアーモンドシリーズに共通の”杏仁豆腐”と言われる匂いが若干気になる人もいるかもしれませんが、クリーム特有のベタつきもなくサラっとした使用感があり、しっとりとした肌を長時間維持してくれること。

バスタイム後にこれのみでスキンケアを済ませていても大丈夫といったユーザー評価や、夜更かしなどで肌が荒れてしまったときでも、ローションをたっぷりつけてこれで蓋をすると翌日には落ち着いていることが多いといったユーザー評価からもその効果が分かりますよね。

使い方は、マッサージするように適量を肌になじませますが、肌荒れや乾燥の度合いによっては、以前の記事でも紹介したアーモンド フェイシャルオイルを重ねて少量使用すると一層効果的。エッセンシャルオイルを全く含んでいないので、目の周りにも安心して使えます。

また、肌の保湿や保護といった効果以外のもうひとつの効果として評価のあるのがアンチエイジング効果で、他のアンチエイジング専用の商品を使うよりも目元のこじわが目立たなくなったとの評価もありますから、それを期待できるというのも嬉しいポイントですよね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。